2014年10月

秋の断捨離-健康編~不安もスッキリ

名称未設定-1

自営業だと特に・・・30代の忙しい時期は
まったく特定健康診断すら行かないことも。

30代の前半は、まだ20代という「若もの」年齢を
卒業したばかりで、まさか自分の体になにかあるとは
健康体の場合あまり考えない人も多いのではないか・・・。

40代になるとさすが一昔前は「初老」といわれた年齢。

皮膚のたるみやら老眼やら、運動の疲れの抜けなさとか、
確実に「体は老化している」のを実感することが多くなり、
やっと体の中身も心配し始める。

30代後半からは毎年行っているが
今年、たまたまレントゲンでなんやら写ったので
念のためCTやりますか!というカンジで胸部から骨盤の初CT。

2年サボっていた婦人科の内診&体ガン検診もその勢い?でクリア。


母が若くして卵巣ガンで亡くなっている。


顔も体も正確も父方な自分は、
だからこそ中身は母方よりではないか・・・

そろそろ母の亡くなった年齢に近くなり、
なにか疲れやすい・・・・とかあると「もしや!!!」
と不安になったりしていた。

あ~内診イヤだけどいかなあかんなぁと。


今年の秋の断捨離は、そんな不安も「捨」!


内診結果は、まあ、少々難はないとはいえないが
良性で2年前と変化なし。心配する症状はなし。

でも。

今年のアタシはそれでは終わらないのだ

うちの母だって、今のような技術の発達した時代じゃ
なかったけど、ちゃんと内診もしていた。

でも。発見時には末期だった。

なので。

必要ないと思うけど・・・安心のためにね。
と先生に検査専門の医院へ

MRIを予約。

結果。問題なし。


ひとつ。

大きな断捨離の不安の「捨」終わりました。


服とかモノの整理をして、無駄買いしない自信が
ちょっと出てきているので、
検査費用は相方のCTも受けて貰ったので
全部で3万ちょっとかかったが、いい使い方したな~とちょっと満足も

物欲や買い物欲が渦巻いていると、
3万あればあれもこれも買える!!来年でもいいや。
なんて小市民的な
お財布の持ち主のアタシはつい考えてしまっていた



【追記】

体ガン検診を受けるに当たり、2年ぶりなので
ネットで調べてみると・・・・

とかとにかく痛い、という意見が・・・・。


自分は。まったく痛くなかったです

受けたことのある3人の友人も、

「アタシも全然大丈夫」

というのが一人。

「それなりに痛いのよね~」

が二人。


もうーすっげー痛くてダメ!

なんて友人は周囲にはいないなぁ。

歯医者のほうがよほどイヤだ


ああ、歯医者もいかなあかんなぁ・・・・。

秋の断捨離-知人の死

・・・・

長く生きるということは、友人知人が
増えることでもあります・・・・。

相方の友人がバイクとトラックの衝突事故で亡くなり、
昨晩相方は通夜へ出向きました。

ちょっと衝撃的なことを書いてしまいますが、
後ろから大型トレーラーに衝突され、体が半分になったそうです。

先日の友人と違い、わたし自身は面識はなく、
相方も以前仕事で数ヶ月お付き合いした程度で友人、
というよりは知人、に近いかもしれません。

ただ、東京での仕事が長くないことから、
友人知人が多くなく、連絡が来たようでした。

32歳。男性。

さすがに我が家も暗い雰囲気の週末となりましたが・・・・・


やはり。


快適な生活空間と時間は、限られているのだ。

なにか自分にとって気持ちのよいことは
いつかやる、ではなく今日始める。

▼▼▼昨年の東京の気温。

秋って短い。来年もまたファッションや部屋のことを
考えられる環境であるかは誰にも分からない。

断捨離のおかげで早起き習慣は継続中なので
(今朝は4時半におきてしまった
朝活として、少しずつお掃除しよう。

そして、シンプルだけど、毎日丁寧に暮らせるように。

31





秋の断捨離-若い友人の死

このブログを振り返っても、彼女とはこの数年、
節目のイベントではいつも一緒だった。

その日も、2時間ほど前までメッセンジャーで、

「発芽玄米ってどの銘柄がいい?」

などという、たわいのないやりとりをしていた。

おそらく、その2-3時間後に彼女は亡くなった。
(その2時間40分後のほかの友人のメッセージが既読にならなかった)


クモ膜下出血。39歳。

名称未設定-1




ねぇ、あんた自分が死んだことに気がついていないでしょう?

だってわたしも気がついてないから。いないことに。



夜うまく眠れないこともあり、

先週から余分なものを捨てることと大掃除に
拍車がかかっている自分です。



シンプルに。

なおかつ、気に入ったものと丁寧な時間を暮らす。


40代半ば。

それが許される状況であれば

(小さなお子さんがいたり、ご年配の親御さんとの同居など
だとなかなか困難な場合もあると思うのだけれど


実行するのに、躊躇している猶予はないと思った。


・ 
・ 



ああ、そうそう、例の発芽玄米ね。

うちの近所に売ってないのよ

ネットで買うわ。あなたがすごくいいって言っていたから。

秋の断捨離-後悔しない?

9/23秋分の日からはじめた、2014年の大規模大掃除。

特に断捨離でいう「捨」にまず重点を置き、早一ヶ月。

とにかく早起きになっているので、朝の1時間が

「捨てる最終判断」の時間に。

夜や深夜に「仕分け」していたものも、
朝の頭のクリアな時間に最終判断するのはよいかも


ある断捨離についての記述(ブログだったか質問コーナー?)に

「捨てて後悔しそうで捨てられない」

という。

http://www.rakuten.co.jp/wr-sox/

777


さっそく後悔というか、

ああ。あれがあればよかった。

と思ったのがレッグウォーマー。

スポーツしていた関係上、
登山やランのイベント、普通のジム通い用にも
いくつか持っていて、ロングで冬用のものはけっこうカサばる。

年齢的にも、インナーとして使うだけであまり「装飾」として
活用することはほとんどなくなった。

ミドルとロングを1個ずつ残して、
もう古いものや使わない色などは捨てた。

が。

先日、友人と、相方も一緒にハイキング登山に行ったのだが、

ワタシよりも運動不足の相方は、なぜかふくらはぎに
かなりな筋肉痛

シール状のシップがなかったので、
テープで留めようとしたのだけれど、

男性はスネに毛が多い。嫌がる。

ああ・・・あのビヨンビヨンに伸びた古いレッグウォーマー、
あると便利だったな。シップ留めに


まあそんな非常にくだらない?細かいことはあるものの、
服は相当捨てたけれど、1ヶ月経過しても特に

後悔はない。むしろなんだかスッキリ気分が持続。


「やっぱり後悔するかも」候補のものや服は
やはり使っていないスーツケースとか、
ダンボールに一まとめにしておいて、

また来年捨てることを検討してもいい。

ただし、

収納スペースが広かったり、
納戸?というか、生活スペースのほかに
余分な部屋などある場合を除き、

このダンボールに詰められるだけ。
などと量を決めるのは必要かも。

うちはそんな余裕スペースは皆無なので



またほかのサイトにはこんな事も書いてあった。

「あれば便利だから」

といって、とっておいてはモノは減らない。

「代用できる知恵」があるはず。



自分が快適だと思える空間

+

収納スペース

+

お財布事情

+

ないと本当に困るか?

奥は深そう。

年末まで、理想空間に近づけるようやってみよう

秋の断捨離-コスメ編

今朝は洗面所の引き出しと棚を整理。

整髪剤。化粧品。コンタクトレンズの用品。

なにやら雑多なメイク関連のもの。

ほぼ100%に近く「ワタシのもの」しかない

が。

ワタシはメイクはほとんどしない・・・・・

週に2回すればいいほうかなぁ・・・


▼強いて言えばウチはこんなタイプ。
これより小さくて汚いケドダカラシイテイエバネ
(この体重計が下に収納できるの、いいなぁ)
http://www.senmendai.net/inax.html

inax_mainimg


洋服と同じように、

「使ってないもの→捨てる候補」
としてまずざっくり分類し、ほんとうに捨てるか決める。


結局基礎品(化粧水や乳液・美容液関連)は
浮気して買ったプチプライスのものも
ボディ用に使い切ることにし、

メイク道具はファンデはシュウウエムラ、
その他のものは使用しているシャネルのみ残す。

アイメイクとかほとんどしないので、
逆に「使ってないから・・・」と捨てていなかった

IMG_6921


特に洋服などで

「2年使っていないなら捨てなさい」

とかよく言うけれど、

「使ってない」「まだ着てない」からこそ捨てられない、
という心理、あると思うのね・・・・


化粧品の「捨てられない」は、やっぱり
ちいさいくせに?けっこう高いから。

シャネルはやっぱり合っているし、何気に
買うときは高いとおもうのだけれど、少量でもちがよいので
コストパフォーマンスはとてもよい。

アイシャドウなんか、「減ってるのかなぁ?」と最初数ヶ月思うのよね。
テクスチャが硬めで発色するから減らない。

でもやっぱりいざ買うときには、もうちょっと安いの・・・
と浮気しまくりだった。

今回の断捨離で、これはもう伴侶と決めよう!
と40半ばにして決心

結局ほかのはほとんど使わず、目に触れぬよう棚の底から
出てきたりそれこそもったいない。


でも、いろいろ捨てられないモノってやっぱり出てくる。

それは洗面所(ワタシは化粧台を持っていない)に
置かずに、こうしたメイクボックスにしばらくしまっておこう。

・・・・・・

と思ったら、いくつかの化粧筆とコロンくらいで
ほとんど残らなかった

なので。

この画像のような簡易なボックスだったのだけれど、
ボックスも廃棄しちゃいました

多少

「えいっ

って思い切りは要りましたけど。

「ないと不便かも・・・」とかいろいろよぎる。

でも確かに使ってなかった、この1-2年。

ほかの鏡があって、洗面所が使えないときでも
その鏡でチョイチョイって化粧は出来てたので。

うん。

捨ててよかったのだな。

写真たち
  • 11/15-自作アクセサリー
  • 10/29-手編みの食器洗い
  • 10/24-ビリヤードファッション1
  • 10/22-携帯バナナケース
  • 10/20-スイーツに目覚める
  • 10/12-モン衣装でひとり登山
  • 10/11-ハロウィン装飾
  • 10/9-カレンシルバーバングル&ピアス
  • 10/8-ビリヤードデビュー?
  • 10/4-昨夜食べ過ぎたワケ
  • 10/3-モン族のスカート
  • 10/2-ヘアアーティストの友
neobeads-002
お店へ-NEO BEADS
neobeads-002
楽天市場
  • ライブドアブログ